新聞折り込みチラシとポスティングチラシの反応率の違い

新聞の折り込みとポスティング。内容も違うし大きさも違いますよね。

紙媒体での広告

選択する

新聞を見る人に対しての広告としては、新聞への折り込みが一番、手っ取りばやいのでしょうか。それとも、新聞を購入している人に向けての広告なのでしょうか。
反応率を見て判断する場合、どの新聞での折り込みを見たのか当然、記録しているのでしょうね。
また、新聞の折り込みなら非合法のような広告はでき兄というイメージはありますね。ポスティングなら合法と非合法との境界のグレーなところもありそうですね。
販売したい商品の購買者候補として新聞の購読者としているでしょう。
もしくは、新聞、本体に広告を載せるというやり方もあるのでしょうが、金額が相当なものとなるのでしょうね。ま、広告を出したい商品にもよるのでしょうね。
折り込みをするのか、それとも新聞に広告を載せるのかってね。金額とも相談しなくちゃいけないしね。

反応との関係

ポスティングの反応率を考えてみたのです。邪道な思考かもしれないですが、実際にポスティングを行なっている人は、本当にポスティングをしているのでしょか。
しているからこそ、私の家にも欲しくもないチラシが入っているのですよね。
私なら、ポスティングをしたと称して実際には配布しないこともしそうなんですがね。
だって、役人でもイカサマをしたりしている時代なんだからね。
だから反応率という考えも当然、地域の特色もあるでしょうし、一概に言えないとも思えます。
でも、広告を出す以上、収益を目的としているのですから、採算が取れるかどうかも見極めないといけないのですよね。
詳細がインターネットに載せておいて、誘導するようなポスティングも作戦としてはアリなのかもしれないですね。